忍者ブログ
因幡はかく語りけり

2017

0926
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

1224

帰りに一緒になった会社の同僚と、上記の違いについて話す。


その同僚(高学歴)は、自分は天才ではなく秀才だと言い切った。

その時の定義には出てこなかったけど、きっと天才と秀才の違いは『天賦の才』か『後天的な努力の才』なのだと思う。
同僚が自身を秀才だと言い切る背景には、それだけ努力を重ねてきた自信があるのだろう。

この文章だけ読んでると自分を秀才だという同僚が鼻につく方もいるかもしれないが、話を聞いていても全くそういう印象を受けずに、逆に感心してしまう程妙な説得力がある言葉でした。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[10/23 黒兎]
[10/22 紅]
[11/24 黒兎]
[11/23 だんな]
[09/08 黒兎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
黒兎
性別:
非公開
職業:
事務系専門職
趣味:
読書
自己紹介:
某機械メーカーに勤める若造です。
趣味は読書。
将来の夢は、ピアノが弾ける書斎を持つこと。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP