忍者ブログ
因幡はかく語りけり

2017

1120
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009

0314

人類か、愛する一人を守るのか。
映画や小説でよくあるシチュエーションの一つで、人類滅亡を阻止するためには、○○が必要であり、それは主人公の恋人の命と引き替えになってたりするやつがある。

あぁいうシーンを見ると思うのだが…もし、あれで恋人をとって人類滅亡させてしまったり、大量の人が犠牲になった場合。
選ばれた恋人はどう思うんだろうか。

選んでくれてありがとう、なのか。
それとも、罪の意識に苛まれるのか。

選んだのは恋人であるが、選ばれたのは自分であり。。
自分の存在が犠牲を選ばせ、その犠牲のうえに自分は成り立っている。

…私だったら後者で、選んだ恋人を恨んでしまうかもしれない(=_=;)
なぜ選んだのか、と。


と、いくら真剣に考えてみても、映画の中ではどっちも守りきるのが定番だから心配ご無用なのかもしれませんが。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
恋人を選ぶ

恋人も人類

全滅
という流れを想像してしまった俺はダメ人間。

あとは
恋人選ぶ

多くの犠牲

恋人、罪の意識に苛まれ自分を選んだ主人公殺害の後自害
のBAD ENDね


まぁよっぽど図太い人じゃなければ罪悪感は感じるんでないかね?
2009/03/15(Sun)05:26:15 編集
無題

>朧
やっぱり罪悪感につぶされるよなぁ…(=_=;)
手厳しい事言うと、ヒーローのエゴな気がする。

というわけで、もしそんなシチュエーションに巻き込まれたら人類を選びましょうw


黒兎 2009/03/16(Mon)22:51:05 編集
trackback
この記事のトラックバックURL:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[10/23 黒兎]
[10/22 紅]
[11/24 黒兎]
[11/23 だんな]
[09/08 黒兎]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
黒兎
性別:
非公開
職業:
事務系専門職
趣味:
読書
自己紹介:
某機械メーカーに勤める若造です。
趣味は読書。
将来の夢は、ピアノが弾ける書斎を持つこと。
バーコード
ブログ内検索
カウンター
フリーエリア
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP